ITパスポートで、サルでも受かる勉強方法を探る!?

ITパスポートの試験に受かるための勉強方法をここで考えましょう。

ITパスポート試験がはじまって数回試験があったんですけど、以前の初級シスアドの試験とは わりと違ってるところがあります(初級シスアドの過去の問題を実際に見たんですよ)。
ようするに、初級シスアドの過去問を解いてもあまり意味はないと思います。
特に目立っているのはストラテジ系の問題です・・・初級シスアドではあまり出題されていなかったみたいです。

よく、資格の勉強方法でおすすめされるのは「過去問を解け!」だそうです。
これをITパスポートの勉強方法にあてはめるとどうなるでしょう? ITパスポートはまず、 過去問の量がまだ少ないですよね。だから、その前のシスアドの過去問までやろうとする人が いるみたいですけど、そんなに意味がないような気もします。実際に僕はぜんぜんやらずに受かってます。
初級シスアドの時代は、試験が午前と午後とあって問題も多いので 過去問からの出題も多かったみたいですけど、今はだいぶ違います。そもそもこれからはCBTの時代ですし。

過去問のほかに予想問題集まで使って、試験問題を解く練習をすることはやっぱり ITパスポートの場合でも大事な勉強方法だってことは僕も認めますよ (やっぱり、問題集をやることは大事ですよ~特に試験間近になってきたら、)。
ITパスポートの過去問はまだ数が多くないため、全部やってもそんなに時間はとられないですしね。
重複して出題されている範囲はやっぱりありますから、その部分は絶対に落とさないようにしたいですね。

でも、テキストや参考書から知識を吸収する時間を多く持つ勉強方法のほうがITパスポートでは大事だと思いますね。
勉強時間の半分以上を、地道な教材の読み込みや暗記にあてたほうが失敗しないだろうと思うんです。
もちろん、問題を解く練習もきちんと行って、わからなかったところは再度テキストをおさらいして 漏れがないように万全にしておく・・・のが、ベストのITパスポートの勉強方法でしょう。

あ、だからって、最初からいきなりテキストをひたすら丸暗記しようとしても、うまくいかないですよ。
最初はよくわからなくてもとりあえず最後までページをめくってしまって、 次に読むときにもっと時間をかける……というふうにするほうがまだ建設的です。
それに、ITパスポートでは用語の問題や概念の問題が多いので、最初はわからなくて当たり前です。
なかなか覚え切れない部分については意識してインターネット等を使ってよく調べていくようにしてほしいですかね。

ちなみに僕は2年前に受かったんです。春受けて落ちてたんで、秋に向けてけっこう気合い入れてやりました。
勉強方法も、ITパスポートの通信講座を申し込んで本格的にやってます。
確実性を高めるためにも、手ごろな予算で受かるためにも、いちばんいい勉強方法はITパスポート専用の通信講座を 使うことだと思ってます。独学だと、テキスト読もうとしてもわかりづらくて身が入らないことありますし、 スクールだとお金も時間もかかりますからね。通信講座がオールラウンドなITパスポートの勉強方法かなと。